パチスロ屋の女

パチスロ屋の女

オレが30代の頃、とあるパチ屋で知り合った女がいた。


年のころは20代前半か。ポニーテールにやせ型。胸はまぁ、ないというよりは、ちょっとある感じ。小さいおわん型といった感じか。


痩せているので、背伸びしたときに、胸の形がくっきりと浮き上がる。


形は悪くないようだ。


毎日、同じシマで打っていたので必然的に顔見知りになった。



「今日は出てるね」



「当てるのうまいね」



隣に座って彼女が当たったタイミングを見計らって、声をかける。


パチスロやパチンコを打つ者なら、相手がハマッているときではなく、当たっているときに声をかけるのが定石だ。


そんなこんなで、毎日顔を合わせていた。



自然と仲良くなって、向こうから、わざわざ話しかけてくることも多くなった。




オレは、少しばかり、彼女に好意を抱くようになった。



だけど、スロットばかりやってきたオレにとっては、彼女を食事に誘いだすとか、ドライブに誘うとかいうことができない。



第一、車を持っていないのでドライブになんて誘えない。




相変わらず彼女は屈託なくオレに話しかけてくるし、たまにチラと覗く彼女の胸の谷間を見ては、ドキドキするのが精一杯だった。




そうして、悶々とした日々を送っていたオレは、気晴らしに出会い系サイトに登録することにした。




実は、オレのそんなシャイな一面とは裏腹に、オレには変態的な性癖がある。



それは、一般的にはスパンキングと言われる行為で、バックで激しく入れながら、女の尻をひっぱたく行為だ。



女は膣内での快感と、尻を激しく叩かれる痛みの両方で、この上ない快感を得るのだ。




「スパンキングがしたいな・・・」



オレはそう思い、ネットで変態行為ができる出会い系サイトを探した。



内心、「変態行為の専門サイトなんてあるわけがない・・・」と思っていたのだが、あったのだ!




それが、「変態天国」というサイト。



変態天国【完全無料】



どうやら、変態に特化した出会い系サイトらしい。



しかも、フリーメールでも登録できて、完全無料だ。



オレはさっそく登録することにした。




ドキドキしながら登録して、自分の住んでいる地域を検索。




普通のセックスじゃ物足りない、アブノーマルな趣味を持った変態女ばかりが検索結果にでてきた。



「ん・・・?」



オレはある一つの写メに目が留まった。



目から下しか映っていないが、なんとなく、昔に会ったような記憶がある輪郭。



趣味は、スポーツ・・・?



オレはスポーツは得意ではないが、とりあえずこの子にメールしてみることにした。



メールをして数分後、彼女から返信がきた。



「どちらにお住まいですか?」



プロフィールに住んでいる所(大阪)を記載していたのだが、それだけでは広すぎたのだろう。



「大阪の新大阪駅の付近だよ」とメールした。



そうすると数分もしないうちに、



「あぁ、私も大阪だよ。近いね。」



と返信がきた。



大阪の人にメールを送っているので、当たり前のことなのだが、出会い系サイトに登録する女性は、いろいろな地域の男性からアプローチされると聞くので、とりあえず住んでいる場所を聞いてみたのだろう。



「大阪は新世界が好きだな」


「あそこにの入り口に、パチンコ屋あるもんね」


「そうそう。いつも行ってるよ」


「〇〇でしょ?私もよく行くよ!」



えっ・・・?


同じ店で打ってるの?



オレは改めて彼女の写メを確認した。



彼女・・・?




いつも話しかけている彼女か?



すかさずオレは、


「じゃあ、一緒にパチスロ打とうか(笑」


というメールをしてみた。



彼女から



「OK!」


との返事。




オレは少しばかりの期待を胸に、店へ向かったのだった。




時間を確認して、いつものスロ屋の前で待っていると、



案の定、というか、やっぱり、「あの彼女」だった。



ポニーテールにやせ型の体。形のいい胸。お尻が少し大きいのだが、まじまじと見ていると、それもオレを十分に興奮させてくれる要素だった。




「やっぱりキミか」



「やっぱりあなただったのね」




そんな会話をして、お互いの顔に笑みがこぼれた。




「パチスロ打つ?それとも・・・」



オレは「それとも」のほうに期待した。



「それとものほうがいいな」




こうして、食事も何もすることなく、スムーズに近くのホテルに行くことができた。

 

サイトで出会った女の物語
変態天国【完全無料】








←PREV (変態の出会いをしてみませんか?) | (スロ屋で会った女性とホテルへ) NEXT→

top